真っ赤なボトルの水鳥記が登場!!

18.04.18 12:20:27

先週末の雨で、仙台の桜はすっかり散ってしまいました..4月の半ばにもう桜がなくて寂しい限り。
そして店頭を彩っていたピンクラベルの酒たちも、徐々に在庫薄に..

そんななか、あっと驚く新作が届きました!! ボトルの色はなんと、燃える闘魂のようなレッド! 元気ですかっ!? 

このハデハデな見ための酒は、水鳥記(宮城気仙沼)が、幻の酒米「愛山あいやま」で造った、情熱の純米吟醸です☆☆

愛山という酒米は栽培量が極端に少なく、限られた酒蔵でしか酒造りに使用できません。よって世に出回る愛山の酒はわずかで、レア度も高いのです。

水鳥記の愛山酒はいかがなものか? さっそくお味見を♪♪

水鳥記のおハコといえる、トロピカルな含みから、ふわ~っと膨らむ甘美なコクが、心地良すぎる~(^^)
その快感が口中で果てしなく続く、華麗なるうまさにみんなイチコロ!!

愛を山ほど感じる、水鳥記の愛山純米吟醸は、四合1945円・一升3780円(税込み)で好評発売中です!


今年に入ってから、店の商売道具である電気機器に次々と故障発生↓

まずは電話機から突然煙がもくもくと(驚) ボヤ騒ぎになるところでした。原因は不明ですが、15年近くも使っていたから老朽化ですかね..

子機も全て取り換え、電話番号登録も一からやり直し。あ~面倒臭い。
取り換え費用も、ずいぶんと掛かったな~。

先月末には、パソコンもイカれてしまいました(T_T) 電源ボタンを押しても、ウンともスンとも反応せず..これじゃ仕事になりません。こちらも買い替えることに。

新しく届いたパソコンは、使い方がむずいと評判のWindows10。あらゆる作業の手順が、前のパソコンとは全然違います。

メカに弱い八重樫にとっては苦痛の毎日… 作業に行き詰まったら、自分でネットで調べて悪戦苦闘ちゅう。

そして大きな出費が続いて、金欠ちゅうです(涙)


取扱・銘柄紹介

日高見

日高見

乾坤一

乾坤一

綿屋

綿屋

宮寒梅

宮寒梅

山和

山和

水鳥記

水鳥記

まんさくの花

まんさくの花

勝山

勝山

やまとしずく

やまとしずく

山形正宗

山形正宗

東龍

東龍 当店イチ押し!

陸奥八仙

陸奥八仙

会津中将

会津中将

田林

田林